ブックレビュー

講師や生徒のおすすめ本の紹介です。読書感想文にもおすすめです。

絞り込みの条件

ブックレビュー一覧

絞り込み[全解除]
>キーワード「家族」 [解除]
きょうりゅうたちのクリスマス』 [クリスマス][友達][家族][お祝い]
[じ] ジェイン・ヨーレン 対象の目安:小学校3~4年 ジャンル:物語(ファンタジー・空想的・SF)

小学3年生M・Kくんのブックプロジェクトのテーマは「恐竜の出てくる物語」です。恐竜が大好きなMくんは、期待に胸ふくらませおおさわぎする恐竜たちと、パーティーが楽しみすぎてはしゃいでしまう妹と自分の姿を重ねながら考えています。

有松の庄九郎』 [あきらめない心][伝統][家族][創作][暮らし][植物]
[な] 中川なをみ 対象の目安:小学校5~6年 ジャンル:物語(現実的)

小学5年S・Y君のブックプロジェクトのテーマは「江戸時代の暮らし」です。タデアイの生葉染めに挑戦し、藍染の研究に取り組んだS君は、江戸時代に有松絞りを考案した庄九郎の物語を読み、「あきらめない心」について考え始めました。

ナイフ』 [いじめ][学校][家族][孤独]
[し] 重松清 対象の目安:中学生 ジャンル:物語(ファンタジー・空想的・SF)

中学3年生Y・T君のブックプロジェクトのテーマは、「いじめ」です。Y君は、前回の研究ではいじめの起こる構造について調べました。今回は、そうした逃れられない現実に、ひとりの人間としてどう向き合うかについて考えます。

ワンダー』 [いじめ][差別][学校][友情][][家族][障害]
[あ] R・J・パラシオ 対象の目安:小学校5~6年 ジャンル:物語(現実的)

小学6年生I・Sさんのブックプロジェクトのテーマは、「いじめる人の気持ち、いじめられる人の気持ち」です。「みんな仲良くしなさい」では「いじめ」はなくならないと考えたIさん。冷静に「いじめ」を見つめ成長していく主人公のオーガストの目線を取り入れて、現実の「いじめ問題」について考えています。

夜の神話』 [科学][][家族][技術]
[た] たつみや章 対象の目安:小学校5~6年 ジャンル:物語(ファンタジー・空想的・SF)

小学5年生のR・N君のブックプロジェクトのテーマは「科学技術との付き合い方」です。研究では「炭素」について調べたR君は、技術の裏側にある負の側面についても知りました。私たちは技術とどのように付き合えばいいのかについて、じっくり考えています。

あくたれラルフ』 [家族][友情][いたずら][][動物]
[じ] ジャック・ガントス 対象の目安:小学校3~4年 ジャンル:物語(ファンタジー・空想的・SF)

猫が大好きな小学4年生のF・Iさんは、「猫の出てくる物語」を募集したところ、たくさんの紹介カードが送られてきました。一番面白かった絵本からブックプロジェクトのテーマを「私の身の回りのあくたれ」と決めました。

あまーいおかしにご妖怪』 [][創作][伝統][家族][]
[ひ] 廣田衣世 対象の目安:中学生 ジャンル:物語(ファンタジー・空想的・SF)

中学1年生のM・Mさんは、発表会で「和菓子」について研究をしました。ブックプロジェクトのテーマは「日本の食文化について」となりました。

わたしたちはいのちの守人 三人の看護師・助産師の現場』 [生命][][誕生][医療][家族]
[い] 岩貞るみこ 対象の目安:小学校5~6年 ジャンル:ノンフィクション(社会)

小学5年生のM・Yさんは、毎年「命」をテーマに読書感想文を書き続けています。今年、ブックプロジェクトのテーマに選んだのは「助産師」です。

レイン 雨を抱きしめて』 [動物][成長][障害][自分と他者][出会い][別れ][][家族]
[あ] アン・M・マーティン 対象の目安:小学校5~6年 ジャンル:物語(現実的)

小学6年生のH・Wさんは、図書の時間に先生に紹介してもらった『レイン 雨を抱きしめて』を、多くの人に読んでもらえるようにとブックプロジェクトでの紹介を決めました。テーマは「出会いと別れ」です。

玉子の卵焼き』 [成長][料理][家族][兄妹][得意を生かす][食べる]
[か] 上条さなえ 対象の目安:小学校3~4年 ジャンル:物語(現実的)

小学4年生のM・Nさんは、発表会で「蝶」の美しい羽根の模様について調べました。今回のブックプロジェクトでは、蝶が幼虫から成虫に成長する姿から「主人公が美しく成長する物語」というテーマに決まりました。

ホイッパーウィル川の伝説』 [家族][人間と動物][2017年読書感想文]
[き] キャシー・アッペルト、アリスン・マギー 対象の目安:中学生 ジャンル:物語(現実的)

ジュールズ・シャーマンは、鉱物が好きな女の子。お姉さんはシルヴィ。だれよりも早く走れるようになることが望みです。ジュールズとシルヴィは、幼いころ亡くしたお母さんの思い出を大切にしながら、仲良くくらしていました。ところが、シルヴィは、パパから行くことを固く禁じられていた森の奥の「奈落の淵」へ行き、命を落とします。悲しみにくれるジュールズは、一匹の子狐と出会い、心を通わせながら、それまで知ることのなかった姉の思いを知ることになります。

ぼくたちのリアル』 [友情][家族][個性][2017年読書感想文]
[と] 戸森しるこ 対象の目安:小学校5~6年 ジャンル:物語(現実的)

秋山璃在(あきやま りある)は、スポーツも勉強もできて、学年のだれからも好かれる人気者。一方、幼なじみの飛鳥井渡(あすかい わたる)は、リアルと比べられるのがいやになり、いつからかリアルをさけるようになります。小学5年の春、同じクラスになったリアルと渡は、転校生の美少年、サジに出会います。

なにがあってもずっといっしょ』 [人間と動物][家族][人とのつながり][大切な場所][愛情][言葉と気持ち][広い世界][2017年読書感想文]
[く] くさのたき 対象の目安:小学校1~2年 ジャンル:物語(ファンタジー・空想的・SF)

犬のサスケは、サチコさんといっしょにいるのがだいすきです。でもある日のこと、ゆうがたになっても、サチコさんがかえってきません。すてられたとおもったサスケは、サチコさんをさがすため、いっぴきだけで家を出ます。

ばあばは、だいじょうぶ』 [家族][障がいについて学ぶ][愛情][2017年読書感想文]
[く] 楠章子 対象の目安:小学校1~2年 ジャンル:物語(現実的)

つばさを いつもあたたかく みまもってくれる ばあば。つばさは、ばあばのことが だいすきです。でも、ばあばは、いろいろなことを 「わすれてしまう」びょうき になってしまいます。

シンドラーに救われた少年』 [2016年読書感想文][勇気][宗教][家族][差別][戦争][歴史]
[れ] レオン・レイソン 対象の目安:高校生・一般 ジャンル:伝記・人物

ポーランドの東にあるナフレカ村で、慎ましく穏やかに暮らしていたレイブ少年の一家の運命は、1939年、ドイツ軍のポーランド侵攻によって激変します。レイブ少年は、家族と別れ、収容施設で強制労働に従事しながら、死と隣り合わせの少年時代を過ごします。その時、迫害されるユダヤ人たち1300人もの命を救ったのが、オスカー・シンドラーでした。

タスキメシ』 [2016年読書感想文][「みんな」と「じぶん」][人とのつながり][仲間][勇気][友情][夢をあきらめない][家族][情熱][生き方][料理][スポーツ]
[ぬ] 額賀澪 対象の目安:高校生・一般 ジャンル:物語(現実的)

膝に怪我(剥離骨折)を負ってから、陸上で長距離走を続けるかどうか、煮え切らない日々を送っていた眞家早馬。彼は、料理研究部の井坂都から、料理を習い始めます。次第に料理に熱中していく早馬でしたが、同じく長距離選手の弟・春馬は、そんな兄を受け入れることができません。陸上から遠ざかろうとする早馬を中心に、さまざまな人物の思いが交錯していきます。

生きる: 劉連仁の物語』 [2016年読書感想文][仲間][勇気][友情][家族][生き方][故郷][戦争]
[も] 森越智子 対象の目安:中学生 ジャンル:伝記・人物

1958年、北海道の森で、穴の中から一人の男が見つかりました。その男は、劉連仁。中国から日本軍に連れ去られ、北海道の炭鉱から逃げ出して以来、実に13年もの間、厳しい自然の中を生き延びてきたのでした。劉連仁さんに何があったのか、彼が奪われたものは何だったのか、そして、生きる力はどこから生まれたのか。人が「生きる」とはどういうことなのかを、もう一度考えなおす機会となる一冊です。

白いイルカの浜辺』 [2016年読書感想文][人とのつながり][仲間][友情][信じる心][大切な場所][家族][成長][自然]
[る] ジル・ルイス 対象の目安:中学生 ジャンル:物語(現実的)

イギリスのコーンウォール地方にある港町に住む女の子・カラは、一年前遠い海で行方不明になった母の帰りを信じ、貧しさやいじめといったつらい日々に耐えていました。ある日、カラは、浅瀬に打ち上げられたイルカの子どもを見つけます。イルカを助けたいというカラの思いは、体が不自由な転校生・フィリクスや町の人々を巻き込み、海を守る運動へとつながっていきます。

ここで土になる』 [2016年読書感想文][家族][暮らし][生き方][伝統][故郷][「みんな」と「じぶん」][大切な場所]
[お] 大西暢夫 対象の目安:小学校5~6年 ジャンル:ノンフィクション(社会)

熊本県の五木村に、尾形さん夫婦は、たった二人で住んでいます。ダムを作る計画が始まり、村のほかの人々は、先祖代々住み続けた村を離れることにしたのです。昔から村を見守り続けてきた「田口の大イチョウ」も枝を払われ、根を切られ、移動されることになりました。ところが、ある日、ダムの計画が中止になります。すっかり変わってしまった集落に、尾形さん夫婦は、今も住み続けています。

ワンダー』 [2016年読書感想文][人とのつながり][仲間][個性][優しさ][友情][家族][愛情][成長]
[ぱ] R・J・パラシオ 対象の目安:小学校5~6年 ジャンル:物語(現実的)

遺伝子の異常のため、人と違う容姿を持つオーガスト。十歳になり、初めて学校に通うことになります。そこで直面する偏見と好奇の目、そして、人の優しさと、結ばれていくきずな。オーガストは、家族の愛情とクラスメイトとの友情に支えられ、傷つきながらも、強くなっていきます。