教育コラム

教育メソッドや理論・理念などをまとめました。

タグリスト
ブログアーカイブ

【読み書きラボ】読解問題を読む際のポイント

投稿日: 2019年5月29日admin

国語が好きではないという子どもたちの多くが、学校のテストをはじめとした読解問題に、苦手意識を持っています。今回は、日々の学習だけでなく、受験にも必要不可欠な「読解問題」について、考えていきます。

カテゴリー: 教育コラム

【読み書きラボ】集中力を左右するもの

投稿日: 2019年4月22日admin

集中力は、「個人の特性」と「環境」、そして「心身の状態」のかけ算で決まります。集中力が高い人でも、騒音の中では集中できないでしょうし、集中力がない人でも、自分に合った環境であれば、いつもより深く集中できるかもしれません。また、とても疲れた日や眠い日は、集中したくてもできません。

カテゴリー: 教育コラム

「くらべる」説明文の書き方【読み書きラボ】

投稿日: 2015年1月13日admin

前回は、『順序立てた説明文の書き方』をお伝えしました。 今回は、「くらべる」説明文の書き方をお伝えします。 なぜ「くらべる」のか あるテーマや物事について考えたり、説明したりする時には、他のものと「くらべる」ことが大切で

カテゴリー: 教育コラム

順序立てた説明文の書き方【読み書きラボ】

投稿日: 2014年12月26日admin

前回までは、各学年の読みについてお伝えしました。 今回から、説明する文章の書き方をお伝えします。 まずは、順序立てて説明する文章の書き方です。 ポイントは次の2つです。 1. いつ・どこで・誰が・どうしたをしっかり書く

カテゴリー: 教育コラム

小4~小6の読書【読み書きラボ】

投稿日: 2014年12月20日admin

前回の記事では、小2後半~小3後半の読書についてお伝えしました。 今回は、小4~小5前半と、小5後半~小6にかけての読書についてです。 この時期の読書の理想は、「手当たり次第に読む」濫読です。 登場人物と同化してさまざま

タグ:
カテゴリー: 教育コラム

小2後半から小3後半の読書【読み書きラボ】

投稿日: 2014年12月9日admin

前回の記事では、小1後半~2年生前半の読書についてお伝えしました。 今回は、小2後半~小3後半の読書についてです。 小2後半~小3後半 ひとり読みを始める時期ですが、まだまだ読書のガイドが必要です。 読む力は発展途上であ

タグ:
カテゴリー: 教育コラム

小1から小2前半の読書【読み書きラボ】

投稿日: 2014年12月2日admin

前回の記事では、幼稚園生から小1前半にかけての読書(読み聞かせ)についてお伝えしました。 今回は、小1後半~2年生前半の読書についてです。 前回の記事:「読書習慣をつけるために大切なこと」 小1後半~2年生前半 焦って一

タグ:
カテゴリー: 教育コラム

幼稚園から小1の読書(読み聞かせ)【読み書きラボ】

投稿日: 2014年11月22日admin

前回の記事では、読書習慣をつけるために大切なことをお伝えしました。 今回は、幼稚園から小学校一年生の読書(読み聞かせ)についてご案内します。 前回の記事:「読書習慣をつけるために大切なこと」 幼稚園~小1前半 ことばと本

タグ:
カテゴリー: 教育コラム

読書習慣をつけるために大切なこと【読み書きラボ】

投稿日: 2014年11月15日admin

本のおもしろさは一人ひとりの心の中で感じるものです。 「本を楽しもう」と声をかけても、お子様にそのつもりがなければ、効果はありません。 ましてや、無理に押しつけるのは逆効果。 それでは、自然に読書を楽しんでもらうためには

タグ:
カテゴリー: 教育コラム

その読書、楽しめていないかも?【読み書きラボ】

投稿日: 2014年11月8日admin

みなさんのお子様は、本を読んでいますか? 読書は、語彙や言葉の用い方を学べるだけではなく、自分とは違う視点を学んだり、今ではない・ここではない世界への入り口ともなります。 ただ、読書を長時間しているからといって、読書が学

タグ:
カテゴリー: 教育コラム

日記を書くときのポイント【読み書きラボ】

投稿日: 2014年11月1日admin

書くことがない。どう書いたらいいのかわからない。 学校の宿題にもなる日記ですが、毎日書くとなると難しいものです。 今回は、200字程度の日記の書き方をご紹介します。 その他の記事 もっと見る ››

カテゴリー: 教育コラム

わかりやすい文章を書くための簡単なポイント【読み書きラボ】

投稿日: 2014年10月25日admin

文章は難しいと思っていませんか。 それは、「書き方」を知らないだけかもしれません。 今回は、文章を書くときの簡単なポイントをご紹介します。 「文章」って? ここでの文章とは、「ここにいない誰かに何かを伝えるためのもの」で

カテゴリー: 教育コラム