生徒作品

生徒さんが書き上げた作品の一部をご紹介します。

絞り込みの条件

生徒作品一覧

絞り込み[全解除]
>キーワード「2020年生徒作品発表」 [解除]
量子コンピューターの世界』 [2020年生徒作品発表][科学][技術][機械][発明][未来]
生徒名:R・N 学年:中2 ジャンル:説明・紹介文

『量子コンピューターの世界』(R・Nくん 新中2)を掲載致します。もののしくみを知るのが大好きなRくん。知ることの大切さを伝えたいと、ずっと気になっていた「量子コンピュータ」について調べることにしました。どのような文章を、どのような図で説明すれば、そのしくみをわかりやすく伝えられるだろうか。悩み考えながら研究をまとめていきました。

トルクとスピード』 [2020年生徒作品発表][実験][科学][工作]
生徒名:K・K 学年:小6 ジャンル:説明・紹介文

新小6 K・Kくん『トルクとスピード』を掲載致します。ミニ四駆が大好きなKくん。どうすればより速いタイムが出せるか試行錯誤する中で、トルクとスピードの関係について、もっと詳しく知りたくなりました。そこで、今回の研究では、実験を通してトルクとスピードの関係を解明することにしました。

「こわい」について』 [2020年生徒作品発表会][こわさ][心理]
生徒名:H・K 学年:小6 ジャンル:説明・紹介文

お化け屋敷が好きなH君は、こわさにもいろいろな種類があると気がつき、「こわい」という感情をテーマに研究することにしました。アンケートをとり、多くの人の「こわい」にまつわる回答や、そのエピソードを分析し、「こわさ」について考えました

ギリシャ神話と北欧神話』 [2020年生徒作品発表][宗教][文化][物語]
生徒名:S・Y 学年:小6 ジャンル:説明・紹介文

新小6 S・Y君『ギリシャ神話と北欧神話』を掲載致します。映画をきっかけに、北欧神話について調べ始めたS君。そのうち、ギリシャ神話と似たところがあることに気づきました。今回の研究では、ギリシャ神話と北欧神話に描かれた世界の成り立ちについて、二つを比べながらまとめていきました。

自分の癖を意識してみた。』 [2020年生徒作品発表][不思議][心理][人体][暮らし]
生徒名:T・N 学年:中3 ジャンル:説明・紹介文

新中3 T・Nさん『自分の癖を意識してみた。』を掲載致します。Tさんは、指の皮をガジガジ噛んでしまう自分の癖を治そうと「癖」について研究を始めました。そして見えてきたのは、人間の意識の不思議でした。

雪の結晶の作り方』 [2020年生徒作品発表][科学][自然][観察]
生徒名:R・N 学年:小6 ジャンル:説明・紹介文

新小6 R・Nくん『雪の結晶の作り方』を掲載致します。雪の結晶を見たことがないというRくん。東京ではなかなか見ることができない結晶を、ペットボトルの中でつくる実験を行いました。

太陽と日食のひみつ』 [2020年生徒作品発表][宇宙][科学][自然][観察]
生徒名:I・S 学年:小4 ジャンル:説明・紹介文

新小4 I・Sくん『太陽と日食のひみつ』を掲載致します。宇宙に興味があったSくんは、2019年12月26日に東京で部分日食が見られることを知り、観察をすることにしました。あいにく、当日の天気は曇り。寒い中、あきらめずに待ち続けたSくんは、日食の写真を撮ることができたのでしょうか。

力と運動』 [2020年生徒作品発表][科学][観察][実験]
生徒名:S・Y 学年:中1 ジャンル:説明・紹介文

新中1 S・Yくん『力と運動』を掲載致します。「新しいことを知る楽しさを伝えたい」という動機から、S君は、「力と運動」をテーマに選びました。調べ学習に加えて、ホバークラフトを作りや自由落下の実験を通して、私達の身近なものに働く「力」について学びました。

ぬいぐるみとココロ』 [2020年生徒作品発表][][心理][愛情][生命][]
生徒名:R・C 学年:小5 ジャンル:説明・紹介文

新小5 C・Rさん『ぬいぐるみとココロ』を掲載致します。前回は香りと心の関係について研究したCさん。今回は、大切なぬいぐるみにも、私たちと同じように「心」があるのではないかと考え、アンケートをとり、心理学に関する書籍を読むなどして研究を進めていきました。

陰謀論についての研究』 [2020年生徒作品発表][メディア][不思議][先入観][心理][文化][真実][社会][神秘][認識][]
生徒名:N・H 学年:中3 ジャンル:意見文

新中3 N・Hくん『陰謀論についての研究』を掲載致します。「陰謀論を信じている人」に興味があるというN君。アンケートを取り、陰謀論を信じている人の傾向や、どのような陰謀論が信じられているのかを調べました。また、なぜ人は陰謀論を信じてしまうのかを考える中で、科学的・論理的な思考の大切さを改めて知ることができました。