【生徒作品】「私の好きな場所」小学3年生 M・Hさん

教室では、自分の興味のあることや好きなことを書く「教えて作文」という課題かあります。いきなり文章にしようとするとつまってしまったので、まずはそのことについて話してもらい、いろいろ出てきた言葉をどう作文にしていくのかを学んでいきます。
今回は、Mさんが好きな場所「森」ついて教えくれました。

生徒作品

※一部を伏せ字にしてあります。また、Webの表示に合わせて、改行をしています。

「私の好きな場所」
小3 M・Hさん

私の好きな場所は森の中。私は、植物が好きだから。私は、森の木に登って本を読みたい。

もしも、私が神様だったら、世界を昔の姿にもどす。なぜなら、森と人が協力して生きていたから。

私があこがれる森は、『山賊の娘ローニャ』の物語に出てくる。もちろん、山賊はいないが。夜は、灰色小人が出てくる。人が怖いと思えば思うほど、灰色小人たちは出てくる。けれど、昼はとっても明るくて、馬たちにそっと近づけて、ウサギたちも住んでいる。

夏の初め、私は3年生のみんなと清里の森の中に行った。その時に、草のにおいや、鳥の鳴き声、川の音が聞こえて、楽しさやうれしさが心にわきあがってきた。みんな、一列になって歩いていた。何を話したか覚えていない。でも、森の美しさや楽しさは覚えている。

私は、森に住んでみたい。毎日、植物と遊べるから。
大人になったら、科学者になって、自然を守る研究をしたい。

カテゴリー: 生徒作品

リテラ言語技術教室について

menu_litera