生徒作品

生徒さんが書き上げた作品の一部をご紹介します。

絞り込みの条件

生徒作品一覧

絞り込み[全解除]
>学年「小3 」 [解除]
食虫植物の虫のつかまえ方』 [2019年生徒作品発表会][植物][生命][自然][観察]
生徒名:R・I 学年:小3 ジャンル:説明・紹介文

食虫植物の虫の捕え方について調べ、実際に育ててみた経験や、熱帯植物館へ行ったことを交えながら、発表する事ができました。

トンネルをほるきかいは、どうなっているの?』 [2019年生徒作品発表会][技術][機械][知恵][鉄道]
生徒名:K・I 学年:小3 ジャンル:説明・紹介文

2019年3月に行われた「リテラ言語技術教室 生徒作品発表会」より、新小3 K・Iくん『トンネルをほるきかいは、どうなっているの?』を掲載致します。トンネルを掘る機械やそのしくみについて、本を読み、地下鉄博物館に行って調べてきました。

ピアノを上手にひくには』 [音楽][演奏][楽器][想像][成長]
生徒名:T・R 学年:小3 ジャンル:物語(ファンタジー・空想的・SF)

小学3年生のT・Rさんは、発表会で「ピアノ」の構造や歴史について調べました。ブックプロジェクトのテーマは「ピアノを上手に演奏する」です。

正しい生き方』 [生活][成長][便利][機械][子ども][大人][生きる力]
生徒名:K・M 学年:小3 ジャンル:物語(ファンタジー・空想的・SF)

小学3年生K・M君のブックプロジェクトのテーマは「便利なものとの付き合い方」です。私達は便利なものに囲まれているけれど、それが行き過ぎるとどうなるのでしょうか。「生きていく力」について考えています。

私の好きな場所』 [好きな場所][自然][][読書]
生徒名:M・H 学年:小3 ジャンル:説明・紹介文

教室では、自分の興味のあることや好きなことを書く「教えて作文」という課題かあります。今回は、Mさんが好きな場所「森」ついて教えくれました。

いちごの心は?』 [][友達][]
生徒名:L・O 学年:小3 ジャンル:物語(ファンタジー・空想的・SF)

今回ご紹介する『いちごの心は?』という物語は、Lさんの友達を思う優しい気持ちが込められています。さて、秋に実ってしまった一人ぼっちのいちごの願いは!?

妖怪リテラ新聞』 [妖怪][神秘]
生徒名:A・N 学年:小3 ジャンル:説明・紹介文(新聞形式)

小3・N君は、妖怪好きの一人。妖怪の名前を知ったのはテレビで放送されているアニメ番組でしたが、今回は、より古い姿の妖怪を調べてみました。図書館で借りた本のページを恐る恐るめくりながら、より本格的な妖怪の世界についてまとめていきました。

宇宙新聞』 [宇宙]
生徒名:H・I 学年:小3 ジャンル:説明・紹介文(新聞形式)

今回は、小3・I君の『宇宙新聞』をご紹介します。 宇宙にはたくさんの謎が広がっています。小3・I君も、そんな謎に惹きつけられた一人。昔から、本や図鑑を読んでいたそうです。 新聞では、太陽・月といった身近な天体から、ブラックホールといった未知の天体まで、スケールの大きな宇宙の神秘に迫りました。

発見! 野球新聞』 [野球]
生徒名:D・H 学年:小3 ジャンル:説明・紹介文(新聞形式)

野球新聞の第二弾です。 今回は、野球が大好きな小学三年生のD君が、野球の歴史について調べ、新聞にまとめました。 何に取り組むにも意欲的なD君ですが、特に熱中しているのが野球。野球をスポーツとして楽しむだけでなく、野球について「知る」ことによって、さらにD君との関わりが深いものになることでしょう。

がんばれ阪神新聞』 [野球]
生徒名:K・W 学年:小3 ジャンル:説明・紹介文(新聞形式)

阪神タイガースを愛するK君(小3)が2013年の秋に書き上げた新聞の紹介です。K君が、大好きな阪神タイガースというモチベーションによって、取り組みを実に楽しそうに取り組んでいったのが印象的です。

クリスマスのナゾ』 [探偵]
生徒名:Y・I 学年:小3 ジャンル:物語(現実的)

本を読むことが大好きなYさん、中でも、探偵物やミステリーが大のお気に入り。少年たちと泥棒の対決を描いたドイツの児童書『大どろぼうホッツェンプロッツ』を読んだYさんは、大人顔負けの推理力を持った女の子、チェリーが探偵となって大活躍するお話を書いてくれました。原稿用紙25枚に上る大作です。

やったーとりかえしたぜっ』 [探偵]
生徒名:A・I 学年:小3 ジャンル:物語(ファンタジー・空想的・SF)

「動物が活躍して、ドキドキハラハラする探偵のお話を書きたい!」そんな思いからこのプロジェクトをスタートさせたIさん。どろぼうが盗み出そうとした映画館の大切なものとはなにか!? 動物たちはどんな活躍を見せてくれるのか!? Iさんの力作をどうぞ、お楽しみ下さい。