【生徒作品】オーシャンワールド(小2 K・Kさん)

小学二年生のK・Kさんは、字のない絵本『オーシャンワールド』(ピーターシス)を読み、オリジナルの文をつけました。絵本全体から、物語の文脈を読み取り、クジラの女の子の気持ちによりそって書き上げました。

字のない絵本を使った物語づくりについての解説は、【生徒作品】文字のない絵本に物語をつけてみよう!をごらんください。

「オーシャンワールド」

小二 K・K

オーシャンワールドキャプチャ1

ある日、くじらのふっちゃんが、水ぞくかんにやってきました。オレンジいろで、ハートのもようのビニールプールに入るくらいの大きさでした。ビニールプールにはいったふっちゃんは、たのしそうです。

しばらくすると、大きいプールにうつりました。でもまだ、ほにゅうびんでミルクをのんでいます。やがて、エサのりょうもふえ、大きいプールよりも自分の方が大きくなってしまいました。

「せまくて、でたいよー」

そして、ふっちゃんは、うみにかえされることになりました。

オーシャンワールドキャプチャ2

「バイバイ」
と、ふっちゃんは、小さな声で言いました。かなしそうに、水ぞくかんのしいくいんさんも言いました。

しょうぼうていは、水をふんしゃして見おくりました。ふっちゃんもしおをふいておれいを言いました。

ふっちゃんは、きれいなうみにきたけれど、「ひとりぼっちでさみしいな」とおもいました。

やがて、よるになり、くらくなりました。お月さまは、出ていたけれど、ふっちゃんは、「くらいな、こわいな」と思いました。

にじがかかっている日もあれば、あらしの日もあるし、夕やけの日もありました。

ある日、赤くて小さなさかなにあいました。

「友だちになろう」
と、ふっちゃんは言いました。

「わたしじゃ、小さすぎるわよ」
と、赤い小さなさかなが言いました。

オーシャンワールドキャプチャ3

つぎに白いさかなのむれにあいました。

「友だちになろう」
と、またふっちゃんが言いました。

白いさかなのむれは、
「ほんとは小さいよ。ただむれになっているから大きくみえるだけだよ」
と言いました。

つぎの日、ひこうせんがとんでいました。ふっちゃんが、ひこうせんにむかって
「友だちになってー」
とさけびました。でも、ひこうせんは、なにも答えませんでした。

ふっちゃんが、うみのふかいところにもぐると、せんすいかんがいました。

「友だちになってくれる?」
と、またふっちゃんは言いました。せんすいかんは、もっとふかくへ行ってしまいました。

ついていってみると、かいぞくせんがありました。ふっちゃんが話しても、かいぞくせんは、ただだまっているだけです。

つぎに、ふっちゃんは青空の下をおよいでいました。「こんどは友だちになってくれるかな?」と思っておよいでいると、くじらみたいなしまがみえてきました。やしの木がしおみたいだったから、声をかけてみました。

「友だちになろう」
と、ふっちゃんが言いました。でも、へんじはありません。

オーシャンワールドキャプチャ4

くろいくもがたくさんでてきて、うみもまっくらになってしまいました。

「くらいな、こわいな」
と、ふっちゃんは、かなしそうに言いました。でも、ふっちゃんのしおはにじいろでした。

ごみをすてているふねのそばをおよいでいると、ふっちゃんは、カンやてつくずにかこまれてしまいました。

「友だちじゃなかった」と、ふっちゃんはなきながら言いました。

ふっちゃんがないていると、とおくにくじらのしっぽがみえました。ふっちゃんは、「友だちになってくれないよ」と思いました。なぜなら、ずっとだれも友だちになってくれなかったからです。でも、くじらは、ふっちゃんの方へやってきました。

ふっちゃんも水の中にもぐって「友だちになろう」といいました。

すると、「いいよ」と、やさしくへんじをしてくれました。

ハートのくもの下で、二ひきは、「いっしょにたびをしようね」と言いました。

オーシャンワールドキャプチャ5

カテゴリー: 生徒作品

リテラ言語技術教室について

menu_litera