【生徒のみなさんへ】『ヒンメリ作り 願いの込められた幾何学模様』(アート&サイエンス)

ヒンメリは、フィンランドの田園地方に古くから伝わるライ麦の茎(ストロー)を使った伝統装飾品で、翌年の豊作を祈って作られた幸運のお守りです。
今回のアート&サイエンスは、さまざまなストローを使ったヒンメリづくりを通して、立体の仕組みについて学びます。

リテラ言語技術教室の「アート&サイエンス ワークショップ」は、「科学的なものの見方」と「表現する楽しさ」を同時に体験できる新しい学びの場として、様々なワークショップを開催してまいります。

ヒンメリ作り

基本の正八面体を作る様子をご紹介します。


材料は、ストローと糸。飾りにビーズやライトも用意しています。


ストローの長さを整えて、ぬい針や針金を使って、ストローに糸を通していきます。


正三角形ができました。


正八面体を作るには、正三角形を5つ作って、ストローを一本通します。


一本のストローを最初に作った三角形の頂点とを結び合わせると、四角錐ができます。


残った2つの三角形の頂点を結び合わせると・・・・・・


正八角形が完成です。

幾何学模様の美しい立体アート ヒンメリ


いろいろなヒンメリを組み合わせ、ライトなどのかざりをつけると、幾何学模様の美しい立体アートの完成です。
ワークショップでは、ヒンメリ作りを通して立体の性質についても学びます。

イベント詳細とお申し込み

日時
9月28日(土)16:30 ~ 18:30
9月29日(日)10:00 ~ 12:00、14:00 ~ 16:00
定員
各回4名 ~ 6名
参加費
3,500円(税込・材料費込)

お申し込み

参加をご希望の生徒さんは、下のカレンダーから参加希望の日時を選択の上、お申し込みフォームにお進み下さい。

2019年9月


9/28

16:30
ワークショップ「ヒンメリづくり」


9/29

10:00
ワークショップ「ヒンメリづくり」

14:00
ワークショップ「ヒンメリづくり」

下のボタンを押すと、ここに選択した日時が表示されます
(ここで時間帯を選ばず、フォームに直接記載することもできます)

 

タグ:
カテゴリー: ワークショップとイベントのお知らせ

リテラ言語技術教室について

menu_litera