【生徒作品】『物語「毒味」』(Y・Tくん)


リテラ言語技術教室では、生徒一人ひとりの興味・関心に基づいた学びの成果を、様々な方と分かち合う場として、年に一度、『生徒作品発表会』を開催しています。生徒たちは、発表会に向けた様々な準備を通して、実践的な発表の仕方を学んでいきます。

今回は、2019年3月に行われた「リテラ言語技術教室 生徒作品発表会」より、Y・Tくん『物語「毒味」』を掲載致します。

長年にわたり、たくさんの物語を描いてきたYくん。今回は、ある世界の「毒見」の様子を描いた物語を創りました。

その他の発表動画は、「2019年3月 生徒作品発表会 発表動画一覧」をご覧ください。

作品について

講師からのコメント

これまでも、いくつもの物語を描いてきたY君。紡ぎ出す世界はどんどん広がり、また、奥行きを増していますね。いつも、最初の読者になれることを誇りに思っています。これからも、描きたいものを、描ききっていきましょう。

生徒作品

Y・Tくん『物語「毒味」』

私は、何年も前から、物語をたくさん作り続けています。
今日は、その中から、「毒味」というお話を、お送ります。

「異世界では、昔、国王様の食事の前には、毒見役がいて、異常がないか改めたそうです。今回は、そういうドラマをお見せ致しましょう」

「では、国王様、昼食の時間にしましょう」
「三騎士よ、今日は、料理に毒が入っていないか確かめる、毒味をやって貰おう」
「では、先ずは、この赤ワインからいきましょう」
「異常無し」
「異常ありません」
「異常ありません」
「次、国王様」
「異常無しだね」
「では、続いて、すき焼き用の卵ですな」
「異常無し」
「異常無し」
「異常ありません」
「次」
「すき焼きでございます」
「ん」
「異常ありません」
「うん」
「異常ありまへん」
「異常ありません!!」
「国王様、すき焼きでございます」
「無い……」
「次、チョコレートタルトでございます」
「ん」

「異常ありません」
「異常ありません」
「異常ありません」
「国王様、チョコレートタルトでございます」
「おい!!何にも無いじゃないか」
「何か食わせろ、ホントにもう!」
「何を持ってきたらいいですか?」
「さぁー」
「空っぽなんだよ君」
「国王には、卵がございますゆえに」
「ジョッキで」
「ジョッキ」
「ジョッキ」
「ジョッキでございます」
「一つ、二つ、三つ、四つ、五つ、六つ、七つ……」
「八つ、九つ、十、十一、十二、十三……」
「十四、十五、十六、十七、十八、十九……」
「二十!!」
「国王、思う存分にお召し上がり下さい」
「ミルクセーキ風に……」
「んじゃ、いただきます」
「一気、一気、一気、一気、一気、一気」
「一気、一気、一気、一気、一気、一気、一気、一気、一気、一気、一気」
「一気、一気、一気、一気、一気、一気、一気」

「一気、一気、一気、一気、一気、一気」

「一気、一気、一気、一気、一気」
「よっしゃー、おめでとう」
「追加、三十杯持ってこい!!」
「ふぁぁぁ~」
「皆さん、いかがでしたでしょうか?国王は、どんな事でもやりとげるでしょう」
「ではまた、この世界でお会いしましょう」
これで、発表を終わります。
聞いてくださって、ありがとうございました。
カテゴリー: 生徒作品

リテラ言語技術教室について

menu_litera