【生徒の皆さんへ ワークショップのお知らせ】『物語から生まれるクリスマスリース』(保護者参加可)

松ぼっくりをクマに、ドングリをリスたちに見立てた、四季の森のリースです。

12月のワークショップは、保護者のご参加も大歓迎です。
天然の素材を使って、世界で一つだけの、物語から生まれるクリスマスリースを作ります。
五感で感じたこと、考えたことを作文にしましょう。

こんなことが学べます

  1. 作り方のコツを学び、自分の作りたいリースのイメージをふくらませます。
  2. フレッシュなもみの木、甘い香りのシナモン。自然の恵みを五感で楽しみながら、好きな香りのハーブと木の実を選んで、リースを作ります。
  3. 「体験をことばに」をテーマに、作文のレッスンを行います。リースで表現した物語や、作品づくりを通して、自分の中にはじめて生まれた言葉を、原稿用紙につづっていきます。自分の思いが「文章」になる楽しさを味わってください。

イベントについて

当日の流れとタイムライン

  • 所要時間 2時間30分
    • 10分:講師や参加者の自己紹介、ワークショップの流れを説明
    • 20分:リース作りのレッスン
    • 60分:物語クリスマスリース作り
    • 40分:作文レッスン
    • 20分:作品発表タイム

物語から生まれたクリスマスリース

木の実を動物や人物に見立て、心に思い描いた物語をリースにします。

たくさんの材料の中から、お気に入りの色や香りのものを選びます。

香りや手ざわりを確かめながら、イメージをふくらませます。
材料がそろったら、杉の輪の上にならべます。

グルーガンを使って、材料を張りつけていきます。

作品例

私は、森の中で、きつねが金貨を見つけるところを想像してリースをつくりました。季節は、秋です。木には、赤い実や野ぶどうがなっています。きつねは、生まれてはじめて金貨を見たので、それがなんなのか、わかりません。しかし、キラキラ光っているので、とてもきれいだと見とれています。リースの下のほうには、シナモンに植物をさして表現した花束があります。これは、この金貨を落とした子が買うはずだった花束です。このあと、金貨を探しにきた子ときつねの子が出会って、友だちになります。

日時とお申し込み

  • 日時
    • 11月24日(日)10:00 ~ 12:30、 14:00 ~ 16:30
    • 12月15日(日)10:00 ~ 12:30、 14:00 ~ 16:30
  • 定員
    • 各回4名 ~ 6名
  • 参加費(税込・材料費込)
    • お子様のみのご参加
      • 1名 3,500円
    • 保護者とのご参加
      • お子様1名 + 保護者1名 6,000円
      • 以降、お子様1名のご参加につき、3,000円で承ります
      • 保護者のみのご参加はできません
  • ※ご参加の際に以下をご確認ください
    • 必ず保護者様同伴でのご参加をお願い致します
    • グルーガンやハサミでの火傷、ケガにご注意ください
    • テキスト(A4サイズ)が入るバッグをご持参ください
    • 遅刻はほかの参加者様のご迷惑になりますので、ご注意下さい

お申し込み

参加をご希望の生徒さんは、下のカレンダーから参加希望の日時を選択の上、お申し込みフォームにお進み下さい。

2019年11月


11/24

14:00
ワークショップ「物語から生まれるクリスマスリース」


11/25

ご案内できません


11/26

ご案内できません


11/27

ご案内できません


11/28

ご案内できません


11/29

ご案内できません


11/30

ご案内できません

2019年12月


12/1

ご案内できません


12/2

ご案内できません


12/3

ご案内できません


12/4

ご案内できません


12/5

ご案内できません


12/6

ご案内できません


12/7

ご案内できません


12/8

ご案内できません


12/9

ご案内できません


12/10

ご案内できません


12/11

ご案内できません


12/12

ご案内できません


12/13

ご案内できません


12/14

ご案内できません


12/15

10:00
ワークショップ「物語から生まれるクリスマスリース」

14:00
ワークショップ「物語から生まれるクリスマスリース」

下のボタンを押すと、ここに選択した日時が表示されます
(ここで時間帯を選ばず、フォームに直接記載することもできます)

 

タグ:
カテゴリー: ワークショップとイベントのお知らせ

リテラ言語技術教室について

menu_litera