ブックレビュー

講師や生徒のおすすめ本の紹介です。読書感想文にもおすすめです。

絞り込みの条件

ブックレビュー一覧

絞り込み[全解除]
>ジャンル「物語(ファンタジー・空想的・SF)」 [解除]
>キーワード「動物」 [解除]
ドラゴンの谷となぞの少年』 [動物][友情][冒険][助け合い][仲間]
[な] 南房秀久 対象の目安:小学校5~6年 ジャンル:物語(ファンタジー・空想的・SF)

小学5年生M・Sさんのブックプロジェクトのテーマは「動物と人の絆」です。「人や動物、魔獣、傷付いた者たち」を助けている主人公トリシアの物語を通じて、真の「優しさ」とは何か考えています。

ハムスターのハモ』 [動物][友情][知恵][冒険][助け合い]
[た] たかおゆうこ 対象の目安:小学校3~4年 ジャンル:物語(ファンタジー・空想的・SF)

小学4年生のK・Tさんのテーマは、「ハムスター」です。学校での体験や、助け合いながら家業を営む自身の生活について振り返りながら、ハムスターのハモのように「人と助け合う気持ちを大切にしたい」という気持ちを表現しました。

フレディ―世界でいちばんかしこいハムスター』 [動物][友情][知恵][冒険]
[で] ディートロフ・ライヒェ 対象の目安:小学校3~4年 ジャンル:物語(ファンタジー・空想的・SF)

学4年生のS・Y君のブックプロジェクトのテーマは、「知恵を使ってたたかう」になりました。力ではなく、知恵をつかった生き方について、天才ハムスター・フレディの行動と、習っている合気道を絡めながら考えています。

あくたれラルフ』 [家族][友情][いたずら][][動物]
[じ] ジャック・ガントス 対象の目安:小学校3~4年 ジャンル:物語(ファンタジー・空想的・SF)

猫が大好きな小学4年生のF・Iさんは、「猫の出てくる物語」を募集したところ、たくさんの紹介カードが送られてきました。一番面白かった絵本からブックプロジェクトのテーマを「私の身の回りのあくたれ」と決めました。

動物園は大さわぎ! (動物と話せる少女リリアーネ)』 [動物][][友情][]
[た] タニヤ・シュテーブナー 対象の目安:小学校5~6年 ジャンル:物語(ファンタジー・空想的・SF)

動物が大好きな小学6年生R・Nさんのブックプロジェクトのテーマは「動物と心を通わせる」となりました。

動物病院のマリー』 [動物][][友情][][職業]
[た] タチアナゲスラー 対象の目安:小学校5~6年 ジャンル:物語(ファンタジー・空想的・SF)

小学5年生のY・Kさんは、マメルリハという種類のインコを飼っていて、発表会ではその生態や観察してわかったことを紹介してくれました。ブックプロジェクトのテーマは「動物のお医者さん」です。

そいつの名前はエメラルド』 [動物][][成長][友情][不思議]
[た] 竹下文子 対象の目安:小学校3~4年 ジャンル:物語(ファンタジー・空想的・SF)

小学5年生のJ君は、発表会で「サンゴ礁」の研究をしました。ブックプロジェクトのテーマは「不思議な生き物」です。

もりのへなそうる』 [動物][言葉][遊び][自然][食べる]
[わ] わたなべしげお 対象の目安:小学校3~4年 ジャンル:物語(ファンタジー・空想的・SF)

小学4年生のA・Mさんは、発表会で大好きなゾウについて研究しました。ブックプロジェクトのテーマは、「心優しい動物」です。

ずーっとずっとだいずきだよ』 [友情][生と死][動物]
[は] ハンス・ウィルヘルム 対象の目安:小学校1~2年 ジャンル:物語(ファンタジー・空想的・SF)

小学校2年生のK・I君は、発表会で「ぼくのすきな犬、ミナとナナ」というテーマで、チワワの特徴やお世話の仕方について調べました。
ブックプロジェクトのテーマは、「犬の出てくる物語」です。

くろねこのどん』 [人間と動物][友情][想像力][2017年読書感想文]
[お] 岡野かおる子 対象の目安:小学校3~4年 ジャンル:物語(ファンタジー・空想的・SF)

ある雨の日、小学校一年生のえみちゃんが出会ったくろねこ「どん」。雨の日や風の日、ひとりぼっちでいる時、ふいに、えみちゃんの部屋にやってくるようになります。ねこらしく、自由な生活を楽しむどんと、えみちゃんは、いっしょに、いろいろなあそびを楽しみます。

なにがあってもずっといっしょ』 [人間と動物][家族][人とのつながり][大切な場所][愛情][言葉と気持ち][広い世界][2017年読書感想文]
[く] くさのたき 対象の目安:小学校1~2年 ジャンル:物語(ファンタジー・空想的・SF)

犬のサスケは、サチコさんといっしょにいるのがだいすきです。でもある日のこと、ゆうがたになっても、サチコさんがかえってきません。すてられたとおもったサスケは、サチコさんをさがすため、いっぴきだけで家を出ます。