【ブックプロジェクト】『大あばれ山賊小太郎』

大あばれ山賊小太郎

内容紹介

両親を殺された小太郎は、仇討ちの旅に出る。忍者のマメ太と一流剣士剣之助も加わり、おろち山の子ども山賊の手助けをすることになった。小太郎と仲間たちのゆかいな時代小説。

ブックプロジェクトのテーマ

小学4年生K・Nくんのブックプロジェクトのテーマは「仲間」です。

作品の一部の紹介

ぼくは、小学四年生の時に、友だちから戦国時代についてわかる本をかしてもらいました。本は、有名な戦いやあまり知られていない戦いが書いてありました。それをきっかけに、戦国時代にきょうみがわきました。そこで、『大あばれ山賊小太郎』という本を読むことにしました。そして、この物語を通して、仲間と助け合うことの大切さについて考えました。

講師コメント

物語全体を振り返りながら、「仲間を思う気持ち」について考えました。大切な友人にアスレチックで助けてもらった経験から、主人公の小太郎の気持ちにも寄り添うことができたようです。

キーワード:歴史 戦い 仲間 友情 

カテゴリー: ブックレビュー

リテラ言語技術教室について

menu_litera