【ブックプロジェクト】『医者をめざす君へ』

医者をめざす君へ

内容紹介

先天性の心臓疾患をもつ中学生・山田倫太郎くん。
2015年8月23日「24時間テレビ愛は地球を救う」に出演し、その明るいキャラクターと真摯に生きる姿勢で日本中に大反響を呼んでいます。
この本は、「お兄ちゃんの病気を治すお医者さんになりたい」という弟・恵次郎くんに向けた「患者が望む理想の医者8ヵ条」を中心にまとめられている。
また、倫太郎くん自身の経験を元に、命の尊さや差別についても書かれている。
心臓に障害をもつ中学生の生のメッセージ。
子どもから大人まで、生きる元気を与えてくれる本です。

ブックプロジェクトのテーマ

小学6年生S・Sさんのブックプロジェクトのテーマは「医者」です。

作品の一部の紹介

私も倫太郎君の弟と同じように医者を目指しています。
そこで、父になぜ医者をめざしたのか、インタビューをしてみました。父が働き続けている理由は二つあると話くれました。一つ目は、生物に興味があって、人がなぜ生きているのか、なぜ病気になるのか知りたかったからだそうです。二つ目は、自分の研究した成果が多くの人の役に立つかもしれないからだそうです。このことを話しているとき、父は、とてもまじめな顔をしていました。また、父に初めてインタビューをしたので、私もとてもドキドキしました。

講師コメント

医者を目指すSさんは、本書を読んで「理想の医者」について考えるにあたり、きっかけを与えてくれたお父さんに、「なぜ医者を目指したのか」初めてインタビューをしました。

キーワード:医療 医師 生命   

カテゴリー: ブックレビュー

リテラ言語技術教室について

menu_litera