【ブックプロジェクト】『うそつき大ちゃん』

うそつき大ちゃん (ポプラの森)

内容紹介

「うそつき大ちゃん」は、いつもクラスの仲間はずれ。そんな大ちゃんを、ある日、川辺で見かけた。いったい、なにをしているんだろう…?ふとしたことをきっかけにぼくには、いろんなものが見えてきた。
「BOOK」データベースより

ブックプロジェクトのテーマ

小学5年生のL・T君は、発表会で「忍者」について調べました。ブックプロジェクトでは、表と顔と裏の顔を持つ忍者から、「人の表と裏」というテーマに挑戦することにしました。

作品の一部の紹介

ぼくは、本をたくさん読み、言葉をたくさん知りたいと思います。また、相手の気持ちを知るために、相手のことをよく見て話したいと思います。そして、人を信用し、人に信用される人になりたいです。

講師コメント

人を信じること、信じてもらうこと。その難しさについて、実体験の中から考えています。

キーワード:成長  友情 信頼 真実 

カテゴリー: ブックレビュー

リテラ言語技術教室について

menu_litera