読書感想文

読書感想文に関する記事を集めました。

タグリスト
ブログアーカイブ

【2017年読書感想文特集】『転んでも、大丈夫 ぼくが義足を作る理由』臼井二美男 著(高学年向け課題図書)

投稿日: 2017年7月14日admin

臼井二美男さんは、生まれつき手足のない人や、病気や事故で手足をなくした人に、義手や義足を作る「義肢装具士」です。手足がなくても、生き生きと自分らしく暮らすことができるよう、義手・義足が必要な人の人生と向き合い、努力を続けています。この本では、義肢装具士の仕事や、臼井二美男さんの半生、パラリンピックで活躍する選手との深い関わりについて、紹介されています。

タグ:
カテゴリー: ブックレビュー

【2017年読書感想文特集】『霧の中の白い犬』アン・ブース 作(高学年向け課題図書)

投稿日: 2017年7月11日admin

大好きなおばあさんが白い子犬を飼うことになり、ジェシーは大喜びします。しかし、それはおばあさんの変化の兆しでした。認知症を発症したおばあさんは、少女時代の記憶を生きはじめます。ジェシーは、誰にも語ることのなかったおばあさんの過去を知ることになります。

タグ:
カテゴリー: ブックレビュー

【2017年読書感想文特集】『ぼくたちのリアル』戸森しるこ 作(高学年向け課題図書)

投稿日: 2017年7月6日admin

秋山璃在(あきやま りある)は、スポーツも勉強もできて、学年のだれからも好かれる人気者。一方、幼なじみの飛鳥井渡(あすかい わたる)は、リアルと比べられるのがいやになり、いつからかリアルをさけるようになります。小学5年の春、同じクラスになったリアルと渡は、転校生の美少年、サジに出会います。

タグ:
カテゴリー: ブックレビュー

【2017年読書感想文特集】『チキン!』いとうみく 作(高学年向け課題図書)

投稿日: 2017年7月4日admin

まちがったことなんてそこらじゅうに転がっていて、がまんしたり、見て見ぬふりしたりしながら毎日をうまく過ごしているもの。めんどうなトラブルをできるだけさけて過ごしてきた小学6年生の日色拓もその一人でした。ところが、真中凛が転校してきてからは、拓の毎日はすっかり変わってしまいます。凛は、言いたいことをなんでもはっきりいうタイプ。凛に「チキン(弱虫)!」なんて言われながら、拓は、クラスのトラブルに関わることになります

タグ:
カテゴリー: ブックレビュー

【2017年読書感想文特集】『干したから…』森枝卓士 作(中学年向け課題図書)

投稿日: 2017年6月30日admin

野菜にくだもの、スパイスに海産物、わたしたちの身の回りにはさまざまな干した食べ物があります。でも、なぜわたしたちは、食べ物を干すのでしょう? 干すとなにが変わるのでしょう? 干すことのふしぎを紹介する写真絵本です。

タグ:
カテゴリー: ブックレビュー

【2017年読書感想文特集】『耳の聞こえないメジャーリーガー ウィリアム・ホイ』ナンシー・チャーニン 文/ジェズ・ツヤ 絵(中学年向け課題図書)

投稿日: 2017年6月24日admin

ウィリアムは、耳が聞こえないことを気にしませんでした。人一倍努力を重ね、野球選手になります。チームでは、投げてよし、打ってよしの大活躍。ある時、審判の声が聞こえないことに困ったウィリアムは、すばらしいアイデアを思いつきます。

タグ:
カテゴリー: ブックレビュー

【2017年読書感想文特集】『空にむかってともだち宣言』茂木ちあき 作/ゆーちみえこ 絵(中学年向け課題図書)

投稿日: 2017年6月20日admin

小学3年生のあいりのクラスに、転校生の女の子・ナーミンがやってきました。ナーミンは、生まれ育ったミャンマーが安全でなくなったので、家族とともにのがれてきたのです。あいりたちは、ナーミンやミャンマーのことを知り、きずなを深めていきます。

タグ:
カテゴリー: ブックレビュー

【2017年読書感想文特集】『くろねこのどん』岡野かおる子 作 上路ナオ子 絵(中学年向け課題図書)

投稿日: 2017年6月13日admin

ある雨の日、小学校一年生のえみちゃんが出会ったくろねこ「どん」。雨の日や風の日、ひとりぼっちでいる時、ふいに、えみちゃんの部屋にやってくるようになります。ねこらしく、自由な生活を楽しむどんと、えみちゃんは、いっしょに、いろいろなあそびを楽しみます。

タグ:
カテゴリー: ブックレビュー

【2017年読書感想文特集】『すばこ』キム・ファン 文 イ・スンウォン 絵(低学年向け課題図書)

投稿日: 2017年6月10日admin

すばこは、鳥の家です。いまから百年ほどまえ、ドイツのべルレプシュだんしゃくという ひとが、はじめて すばこを つくりました。鳥がだいすきな だんしゃくは 森にたくさんのすばこをかけました。ところがあるとき、森に たいへんなことが おこります。

タグ:
カテゴリー: ブックレビュー

【2017年読書感想文特集】『アランの歯はでっかいぞこわーいぞ』ジャーヴィス 作(低学年向け課題図書)

投稿日: 2017年6月8日admin

アランは、こわーいワニのいちぞくでした。毎日、うろこをみがいて、歯をみがき、こわーい顔を作って、森のみんなをこわがらせます。しかし、アランの歯には、だれにも知られたくないひみつがありました。

タグ:
カテゴリー: ブックレビュー

【2017年読書感想文特集】『なにがあってもずっといっしょ』くさの たき 作/つじむら あゆこ 絵(低学年向け課題図書)

投稿日: 2017年6月6日admin

犬のサスケは、サチコさんといっしょにいるのがだいすきです。でもある日のこと、ゆうがたになっても、サチコさんがかえってきません。すてられたとおもったサスケは、サチコさんをさがすため、いっぴきだけで家を出ます。

タグ:
カテゴリー: ブックレビュー

【2017年読書感想文特集】『ばあばは、だいじょうぶ』楠 章子 作/いしい つとむ 絵(低学年向け課題図書)

投稿日: 2017年6月2日admin

つばさを いつもあたたかく みまもってくれる ばあば。つばさは、ばあばのことが だいすきです。でも、ばあばは、いろいろなことを 「わすれてしまう」びょうき になってしまいます。

タグ:
カテゴリー: ブックレビュー