【生徒作品】世界に一つのクリスマスケーキ(A・Tさん 小2)

A・Tさんは、2015年のクリスマスに、オリジナルのクリスマスケーキのレシピを考えました。そして、実際に弟と材料を買いに行って、ケーキ作りに挑戦しました。実際に作ってみると、考えたこととはちがったさまざまな気づきや工夫があります。ご家族にあたたかく見守られながら、考えたことが形になる喜びを味わえたことは、A・Tさんにとって、大きな自信になったようです。

世界に一つのクリスマスケーキ
A・Tさん 小2

これからわたしの考えた『クリスマスツリーケーキ』の作り方をしょうかいします。

クリスマスツリーレシピキャプチャ

ざいりょうは、スポンジ、生クリーム、キウイ、イチゴ、ブルーベリー、バナナ、クッキー、チョコペン、アラザンです。

次に、作り方をせつめいします。

  1. スポンジを二まいにひらべったくきります。
  2. スポンジの一まいの上に、生クリームをのせます。その後、もう一まいを、上からかるくのせます。
  3. そこに、生クリームをのせます。ケーキのよこも、生クリームでおおいます。
  4. 上の面の、生クリームの上に、キウイをひらべったく切って、ツリーの形におきます。
  5. キウイの上に、いちごをちらばるように、おきます。
  6. バナナを切って、ツリーの上にちらばるようにおきます。でも、いちごの上におかないでください。
  7. ツリーの一番上に、ほしがたのかたでくりぬいたバナナをおきます。
  8. ツリーの下に、チョコペンで、長四角をかきます。そして、そこをぬりつぶします。
  9. チョコペンで、上の生クリームのところに「メリークリスマス」と書きます。
  10. ツリーの左右に、チョコペンで、すきなもようをかきます。
  11. いちごをまわりに間をあけて十八こおきます。
  12. イチゴの間に、ブルーベリー、クッキーのじゅんばんにおいてかんせいです。

十二月二十六日に、わたしは、じっさいに『クリスマスツリーケーキ』を作りました。

買い物を弟といっしょに行きました。ざいりょうは、一ついがいは、そろいました。なかったものが何かは、つづきを読むとわかります。

帰ったらさっそく、ケーキ作りにとりかかりました。

作り方で、かえたところがあります。なぜなら、買い物でチョコペンが売り切れだったので、かわりにカラーチョコチップを買ったからです。だから、ツリーのもようと、木のみきの長四角をかくところはなくなり、カラーチョコチップにすることになりました。

むずかしかったところは、二つあります。一つ目は、生クリームをあわだてるところです。二つ目は、生クリームでスポンジをおおうどころです。

こうして、ケーキができあがりました。

クリスマスケーキキャプチャ

さっそく食べてみました。買ってきたケーキよりもおいしかったです。今まで、食べたことのないあじでした。さとうは、生クリームとチョコとスポンジいがいは、入っていません。スポンジがふわふわしていました。自分で作ったので、おいしかったです。

ところで、お母さんは、自分で料理を作って食べた時、どう思っているのでしょう。

「毎日ごはんを作るのは大へんだけど、おいしい」というと思います。

ふだんはケーキを食べないお父さんも、おいしくて、ケーキの半分を一人で食べてしまいました。

自分で作り方を考えたり、自分で買い物に行ったりして、自分で作ったケーキをかぞくにおいしいとよろこんでもらえたので、とても楽しい一日でした。また、作りたいと思いました。

カテゴリー: 生徒作品

リテラ言語技術教室について

menu_litera