小4~小6の読書【読み書きラボ】

yomikaki-logo
前回の記事では、小2後半~小3後半の読書についてお伝えしました。
今回は、小4~小5前半と、小5後半~小6にかけての読書についてです。

この時期の読書の理想は、「手当たり次第に読む」濫読です。
登場人物と同化してさまざまな時代・世界に入り込む読書体験は、幸せなものです。
また、そうした深い読書体験は、翻って、自分自身や社会を見直すことにつながっていきます。

小4~小5前半

物語と現実を行き来する

作品の世界に没頭できることが大切です。
特に、ファンタジーがおすすめです。異なる国・社会を思い描き、主人公に同化して様々な感情を追体験し、そうして本を閉じ、自分に戻ってきます。そうした体験を積むうちに、少しずつ、自分の生きる社会や自分自身を、より客観的に意識するようになってきます。

計画的な読書と生活を

この時期には、時間を決めた計画的な読書をおすすめします。
高学年になると、塾や習い事が増え、読書時間の確保が難しくなります。読書習慣を途切れさせないようにしましょう。
また、逆に、本に夢中になりすぎるのも考えものです。読書に夢中になるのはよいことですが、先を急ぐあまり早読みになってしまったり、寝不足になってしまったりするようでは、かえって読書から得られる体験を薄めてしまいます。
時間を決めて行動することは、学習をふくめ生活全体に良い影響があります。
毎日コンスタントに読み進めていくことで、過度な熱中や読書の空白を避けましょう。

この時期におすすめの本

フレディ―世界でいちばんかしこいハムスター (旺文社創作児童文学)フレディ―世界でいちばんかしこいハムスター (旺文社創作児童文学)
フレディは、天才ハムスター。ペットとしての人生に疑問を持ち、自分で未来を切り開こうと決心します。
大力ワーニャの冒険大力ワーニャの冒険
優しいけれどなまけてばかりのワーニャが、ある老人に「皇帝になる」と予言されます。数々の苦難を越えて、果たして、本当に皇帝になれるのでしょうか。
二分間の冒険 (偕成社の創作)二分間の冒険 (偕成社の創作)
体育館を抜け出した悟は、不思議な黒猫と出会い、竜の支配する世界に入り込みます。元の世界に戻るには、「一番確かなもの」を見つけ出さなければなりません。いつまでも色褪せない名作です。
空へつづく神話空へつづく神話
理子が出会ったのは、真っ白いひげの、記憶をなくした神様でした。正体を探るうち、理子が住む町の歴史が浮かび上がってきます。ダイナミックな展開が魅力です。

小5後半~小6

テーマを読み取ること

ただ展開を楽しむだけではなく、物語に織り込まれた想い、すなわち「テーマ」を読み取ることが大切になってきます。
この時期は、登場人物が、周囲の環境や社会と対峙しながら、変化・成長する内容の物語が適しています。
すべての本に深いテーマがあるわけではありませんが、名作と呼ばれる作品には、批評にたえうるテーマが含まれています。
物語世界を楽しみながらも、より広い視野で人物の変化をとらえ、物語の本当の意味・深さを汲み取っていけるようになることが、この時期の目標です。
本は好きだけれど、読解問題の点が安定しない子は、この段階まで読書レベルが達していないことがほとんどです。物語世界の入り込みすぎて、ひとりよがりな解釈にならないよう、より広く客観的に文脈をとらえる読書力をつけましょう。

つながりのある読書

なお、こうした読みの質を高めるためには、物語のテーマに意図的に導く・気づかせることが大切になります。
ぜひ、複数人で感想を話し合い、自分とは違う解釈や感じ方を知りましょう。お父様・お母様が子供の頃に読み、心に残っている本を紹介してあげるのもよいでしょう。また、「後書き」を読むよう促しましょう。後書きには、作者・訳者のコメントがあり、物語の解釈のヒントになります。
また、気に入った作家を見つけたら、作品を横断的に読んでみましょう。

この時期におすすめの本

魔女の宅急便 (福音館創作童話シリーズ)魔女の宅急便 (福音館創作童話シリーズ)
13歳になった魔女のキキは、一人立ちをするために旅に出ます。不安や喜び、人との出会いを経て、たくましく成長していきます。ぜひシリーズを読み通してみてください。
さすらいの孤児ラスムス (リンドグレーン作品集 (11))さすらいの孤児ラスムス (リンドグレーン作品集 (11))
家族がほしい孤児のラスムスは、孤児院を逃げ出し、風来坊のオスカルと出会います。共に旅ぐらしをしながら、二人は絆を深めていきます。
モモ―時間どろぼうとぬすまれた時間を人間にかえしてくれた女の子のふしぎな物語 (岩波少年少女の本 37)モモ―時間どろぼうとぬすまれた時間を人間にかえしてくれた女の子のふしぎな物語 (岩波少年少女の本 37)
灰色の男たちに時間を奪われ、心を失っていく人々。モモは、みんなの時間を取り戻そうとしますが……。私達が忘れている大切なものに気づかされる一冊です。
はてしない物語 (エンデの傑作ファンタジー)はてしない物語 (エンデの傑作ファンタジー)
あかがね色の本に吸い込まれたバスチアンが見たものは、「虚無」に覆われ滅びようとする国の姿でした。文字通り、本の中に引き込まれる名作です。
冒険者たち――ガンバと十五ひきの仲間冒険者たち――ガンバと十五ひきの仲間
海を見るために旅に出たドブネズミのガンバは、ある島をめぐり、イタチとの壮絶な闘いに挑むことになります。迫力のある描写と展開は圧巻です。

未来のための読書習慣を

読書体験は、成長と共に深化していきます。
培われた「読む」力は、本を超え、社会や人を読む力となります。
生活と環境を整え、ゆっくりと、読書習慣をつけていきましょう。

次回は、「順序立てて説明する」ための文章の書き方についてお伝えします。

「読み書きラボ」の記事

タグ:
カテゴリー: 教育コラム

リテラ言語技術教室について

menu_litera