読み書きに自信をつけよう ~春期講習 受付中!~

IMG_0316_R

2015spring_c

リテラの春期講習では、一人ひとりの力と個性に合わせて、最適な学習をデザインします。
新しい学年のスタートに向け、読み書きに自信をつけましょう!

内容

4コママンガの記述や文章の要約、観察したことや考えたことを順序立てて説明する方法、ディスカッションや意見文の作成など、お子様の言語技術の習熟度に合わせて、個別に課題を設定します。表現が苦手なお子様だけでなく、作文をもっと得意にしたい子にもおすすめです。

授業例

授業内容には個人の進度によって差があります。お子様の進度と個性を基準に、最適な学習内容をデザインします。

授業モデル1:『五感とことばをつなげる4日間』

ワークショップ『豆の観察』より

ワークショップ『豆の観察』より


【学年の目安:低学年~中学年】
これからの教育には、知識だけでなく、表現力や観察力が大切。自分が感じたことをことばにする方法を学びましょう。気をつけて見れば、身の回りには驚きがあふれています。

授業詳細

さまざまなものの手ざわりを表現する さまざまな音を表現する イラストを、見ていない人に伝えるための文章を書く お菓子を食べ、五感で表現する

授業モデル2:『書きことばの基本を学ぶ4日間』

作文が書けないのは、書き方を知らないだけかもしれません

作文が書けないのは、書き方を知らないだけかもしれません


【学年の目安:中学年~高学年】
作文が苦手な子は、ほとんどの場合、書き方がわからないだけです。他者に伝える書きことばを学び、作文に自信をつけましょう。表現する楽しさを知れば、作文がもっと好きになります。

授業詳細

マンガを使った書きことばの基礎練習1 書きことばの基礎練習2 五感を活かした観察と表現 手順の説明

授業モデル3:『体験の書き方を学ぶ4日間』

体験と意味づけは、中高一貫受検でも求められます

体験と意味づけは、中高一貫受検でも求められます


【学年の目安:高学年~】
自分の体験にどんな意味があるんだろう。どうしたら、読む人に伝えられるんだろう。体験から学び、ことばにすることは、人生を有意義なものにします。体験や考えの記述は、中高一貫校受検などでも必ず求められます。

授業詳細

物語文の要約1 物語文の要約2 自分の体験を記述する1 自分の体験を記述する2

授業モデル4:『ディスカッションと意見文の書き方を学ぶ6日間』

論理的な思考に、ことばは欠かすことができません

論理的な思考に、ことばは欠かすことができません


【学年の目安:中学生~】
レポート作成や小論文に必要な、論理の組み立て方や表現の仕方を学びます。また、他者と意見を交換し、違う考え方に触れることで、視野を拡げましょう。社会を生きていく力につながります。

授業詳細

論理の構造を学ぶ 論説文を要約する1 論説文を要約する2く1 ディスカッションと意見文の書き方を学ぶ
ディスカッションをし、自分の意見文を書く1 ディスカッションをし、自分の意見文を書く2

受講詳細

講習期間と時間

講習期間

  • 次の期間のうち、ご都合のよい日に自由に設定できます。同じ日に2コマ以上受講することも可能です。
    • 【前期】2016年12月1日(木)~ 12月27日(火)
    • 【後期】2017年1月4日(水)~ 1月31日(火)
  • 休日・祝日・平日を問いません。
  • 通室生は2月にも承ります。ご相談ください。

時間

講習日時は、お申し込みの時点で決まっていなくても構いません。調整の上、決定となります。また、空き状況によっては、ご希望の日時をお取りできないこともございます。何卒、ご了承ください。


受講可能な時間帯

  • 9:00~12:00、13:00~20:00
  • 休日・祝日・平日を問いません

授業時間と受講料(税込)

4月からの学年 1回の授業時間 4日間の受講料(税込)
小1、小2 60分 18,500円
(1日 4,625円)
小3~高校生 90分 21,600円
(1日 5,400円)
  • ※講習期間内であれば、4日間以上で何日でも設定できます。

事前面談

夏期講習受講前に、学習状況やご要望などを共有する面談を承ります。面談をすることで、講習がより有意義なものになります。

特典:入室金無料

2015年3月~6月にご入室いただいた方は、ご入室金(10,000円)が無料になります。

お問い合わせとお申し込み

リテラってどんな教室か知りたい、子どもに合った授業を組み立てたい……。
お申し込みの前に、ご相談を承ります。

以下の電話番号・お申し込みフォームより、お気軽にお問い合わせください。

  • 【TEL】03-5284-8165
  • 【メール】office@litera-arts.com

空き状況とお申し込み

タグ:
カテゴリー: 重要なお知らせ

リテラ言語技術教室について

menu_litera