プレクラス(幼稚園年長)開講のお知らせ

ss-DSC009902013年4月より、リテラ言語技術教室では、幼稚園年長のお子様を対象とした「プレクラス」を開講することとなりました。読み書きに慣れ、考える力の基盤を作ります。

この時期の子どもたちは、ことばを使って考えられるようになります。さまざまな絵本の読み聞かせを楽しみ、聞くことへの集中力を身につけるのに最適の時期です。正しく鉛筆を持ち、運筆をすることに慣れ、ひらがな・カタカナを書けるようにします。また、ものや感覚の名前を知ることで、身の回りの世界を理解し、考える対象としていきます。

読む(聞く)

絵本を楽しみ、聞く集中力を身につける

読み聞かせを通して、絵本を楽しむと同時に、聞く集中力を身につける段階です。ご家庭と協力しながら、読書習慣を作ることが目標です。物語そのものの魅力を大切にしながら、「読み聞かせ」、「考え聞かせ」、「問いかけ読み」、「ブックトーク」の四つの方法を使い分けて、読み聞かせを行います。この時期に読書習慣を作っておくことは、今後の学習のみならず、考える力そのものに関わる大変重要な要素です。

書く

運筆に慣れ、ひらがな・カタカナが書ける

鉛筆を正しく持ち、運筆に慣れる段階です。ひらがな、カタカナを書けるようになることが目標です。書く練習は、「あ」から順に取り組む必要はありません。「あ」はひらがなの中でも特に書くのが難しい字です。教室では、まずは運筆の練習として、迷路遊びや、漢字の「一」、ひらがなの「し」など書きやすい字から練習します。思考の課題として「ものの名前を知ること」も重要です。教室で取り組んでいくプリント教材は、書き慣れることと同時に、ものの名前を覚えられるよう工夫されています。

対話

相手を意識した態度

家族以外の人と関わりを持ち始める段階です。相手を意識した態度で接することが目標です。あいさつができる、しっかりと聞ける、「です・ます」をつけて簡単な受け答えができるようにします。場の文脈や適切な振る舞いを知ることは、他者だけでなく、自分を意識することにつながります。こうした態度は、日々の授業や読み聞かせ、ブックトークや発表の中で育まれます。

考える

ものや感覚の名前を知る/五感を使って、ものを比べる

【ものや感覚の名前を知る】

ものや感覚の名前を知ることは、ことばを通して世界と関わる上で最も重要かつ基本的な取り組みです。名前を知ることで、そのものと他のものを切り離して考えることができるようになります。そのため、名前を知れば知るほど、考える対象は広がっていきます。

【五感を使って、ものを比べる】

いくつかの具体的なものについて、五感で観察し、その物の持つ特徴を比べたり、順序立てたり、グループ分けをしたりします。自分の感覚を通して、ものの特徴とその名前を知ることは、観察の基本であり、思考の基礎となります。

プレクラス 授業料

  • ひと月 8,000円(週1回 40分)
  • 入室金 10,000円 (現在通っている生徒さんのご兄弟/姉妹の場合は頂きません)
  • 教材費 年間5,000円

授業時間

  • 平日 15:00~15:40(保護者様同伴)

保護者説明会

以下の日程で、保護者説明会を開催いたします。お誘い合わせの上、ぜひご参加ください。

  • プレクラス(新たに幼稚園年長になられるお子様)
    • 2013年3月12日(火) 10:00~11:30
    • 2013年3月22日(金) 10:00~11:30
  • 小学生以上(新たに小学生になられるお子様を含みます)
    • 2013年3月15日(金) 10:00~11:30
    • 2013年3月19日(火) 10:00~11:30
  • 説明会のお申し込み

体験授業とご入室のお申し込み

お申し込みの場合は、次のページにお進みください。

カテゴリー: 重要なお知らせ

リテラ言語技術教室について

menu_litera