【体験をことばに】作文ワークショップ 『書きことばを身につけよう!』(@北千住)

01ae3963234f840f86b4a13a3c3639aa442adee-002

リテラ言語技術教室では、体験と言葉を結びつけるための様々なワークショップを開催しております。教室に通っていないお子様も参加できます。ぜひ、お友達と一緒にご参加ください。

北千住で開催される5月24日(日)のワークショップは、『書きことばを身につけよう!』です。
ワークショップで、他者に伝わる言葉の使い方=書きことばの基本を、楽しく学びましょう!

わかりやすい表現の方法を知りたい!
国語の作文を上手に書けるようになりたい!

このようなお子様にピッタリのワークショップです。
生徒2名に、講師1名の個別レッスンですので、文章を書くのが苦手なお子様も、最後までしっかりと書き上げることができます。

内容紹介

考えや思いを伝えられる人になるために

「書きことば」とは、自分だけが知っていることを、他者に伝わるように表現することばの使い方のこと。
そのためには、「いつ、どこで、だれが、どうした」といった一文の基本や、「しかし」「だから」といった接続詞、「それを」「その時」といった指示語などを正しく使いこなさなければなりません。

小学校1・2年生

楽しく一文の基本を学ぼう

正しく一文が書けることから、書きことばの学びは始まります。

絵を見たり、絵本を読んだり……。さまざまな楽しい取り組みを通して、「いつ、どこで、だれが、どうした」、そして、基本的な接続詞をきちんと使えるようになりましょう。

内容詳細
1. 自分の体験を元に、一文をつくる
2. 絵本を読んで、接続詞を使いながら内容をまとめる
3. 接続詞サイコロをつかって、お話をつくる
「一文を書こう」低学年用シート

「一文を書こう」低学年用シート

小学校3年生~

マンガで書きことばに慣れよう

四コママンガや、八コママンガを使って、マンガを読んでいない人にもその内容が伝わる文章を書く練習をします。

親しみやすく、テーマ=オチの理解しやすいマンガを使うことで、普段は苦手意識を持っているお子さんも、どんどん書く意欲が湧いてきます。

内容詳細
1. マンガを元に、書きことばの文章をつくる
2. 接続詞サイコロをつかって、物語をつくる
「サイコロでおはなしをつくろう」高学年用シート

「サイコロでおはなしをつくろう」高学年用シート

※学年は目安です。実際の内容は、その子の学習状況や到達度に応じて変わることがあります。

生徒作文例

「しかし」「すると」など、文と文をつなぐ言葉、「つなぎ言葉」を学ぶと伝わりやすい文章を形作ることができるようになります。また、文脈を正しく読み取る力も身につきます。
物語の主人公と場面を決めたら、サイコロの目の「つなぎ言葉」にしたがって物語を考えていきます。

◆エジ博士の大発明◆
新小4・Hさん

IMG_3084博士のエジさんは、みんながあっとおどろくような新発明をしたいと考えました。
満月の夜、湖のほとりにある研究所で、エジさんは、大きな穴を見つけました。博士は、その穴をのぞいてみました。
すると、穴の中から楽しい音楽とともに、小人が出てきました。
それから、小人たちは、びっくりしている博士に、緑色の大きなしずく形をした種をくれました。
だから、博士は、すぐに種を穴の近くに植えました。
すると、種は、夜のうちに芽が出て、葉が出て、花が咲いて、りっぱな実がなりました。
そして、その植物は虹色に光りました。博士は、植物を使って電気のいらないエコな家を作りました。

学習相談

ワークショップ開催後、ご希望の方を対象に、学習相談を承ります。お子様の学習についてのご質問・お悩みに、言語技術教育の観点からお答え致します。

ワークショップ詳細

日時
2015年5月24日(日) 10:30~12:00
2015年5月24日(日) 13:00~14:30
2015年5月24日(日) 15:30~17:00
場所
リテラ言語技術教室 (東京都足立区千住1-37-2 プティーボワービル601)

より大きな地図で リテラ言語技術教室 を表示
対象
小学1年生以上
定員
各回4名程度(先着順・定員になり次第受付終了)
参加費
¥3,500(教材費500円込)一人ひとりに合わせて、作文指導のプロがアドバイス致します。

お申込みフォーム

参加をご希望の方は、次のお申し込みフォームにてご連絡ください。

以前のワークショップの動画

「いろいろな豆の標本づくり」(@自由が丘)4月12日開催

カテゴリー: ワークショップとイベントのお知らせ

リテラ言語技術教室について

menu_litera