【体験を、ことばに】『白い小さな椅子を作ろう!』

chair

リテラ言語技術教室では、体験と言葉を結びつけるための様々なワークショップを開催しております。教室に通っていないお子様も参加できます。ぜひ、お友達と一緒にご参加ください。

7月14日(日)のワークショップは、『白い小さな椅子を組み立てよう!』です。実際に椅子を組み立て、部分と全体を意識しながら、わかりやすい文章の書き方を学びます。作文や日記、理科や社会科のレポートまとめが苦手というお子様にピッタリのワークショップです。
chair_s1

部分と全体ってなんだろう?

物事は、部分と全体に分けられます。部分がうまく連動して、全体の機能を果たしています。

教室オリジナル教材『思考のアプローチ』(「部分と全体」)より

教室オリジナル教材『思考のアプローチ』(「部分と全体」)より


部分と全体を考えることは、役割や力の伝わりをつかみ、わかりやすい文章をかくために必要な過程です。
教室オリジナル教材『思考のアプローチ』(「部分と全体」)より

教室オリジナル教材『思考のアプローチ』(「部分と全体」)より

ワークショップの内容

chair_fig1
普段私たちが何気なく使っている椅子も、様々な部品から成り立っています。

このワークショップでは、自分で椅子を作り上げることで、全体が部分から成り立っていることや、その役割を知ります。

その体験を活かし、より客観的でわかりやすい文章を書き、発表します。

  1. ワークショップのガイダンス
  2. 説明書を見ながら部品の確認
  3. 組み立てスタート!
  4. 手順を作文にまとめる
  5. 作文の発表会

ワークショップ詳細

日時
2013年7月14日(日) 13:00~15:00
場所
リテラ言語技術教室(教室の場所
対象
小学2年生以上
定員
5名程度(先着順・定員になり次第受付終了)
参加費
¥3,000(一人ひとりに合わせて、作文指導のプロがアドバイス致します)
※別途、椅子の材料費(¥2,000)がかかります。
お申込みの締切日
2013年7月8日(月)

お申込みフォーム

参加をご希望の方は、次のお申し込みフォームにてご連絡ください。

カテゴリー: ワークショップとイベントのお知らせ

リテラ言語技術教室について

menu_litera